雑記

2000|01|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|09|11|
2009|02|03|05|06|07|08|10|11|12|
2010|01|03|04|05|06|07|08|09|10|
2011|05|06|09|10|
2012|03|07|09|12|
2013|01|02|04|05|07|08|10|11|
2014|04|05|08|10|12|
2015|01|05|
2016|09|

2009-07-25 [長年日記]

[tDiary] footnote2.rb公開

前のエントリでも使っている、オリジナルのfootnote.rbを改造したものを公開しました。ダウンロードや説明は、こちらのページからどうぞ。

例えば、こんな感じのソースが、

* markごとに連{{fn '*の1個目'}}番{{fn '*の2個目'}}を{{fn '+の1個目', '+'}}付{{fn '*の3個目'}}加{{fn '+の2個目', '+'}}
* 指定したmarkの脚注だけを任意の場所に表示{{fn 'こんな風に"-"の脚注だけここに表示し、残りの脚注はエントリの末尾に表示するといったことができます', '-'}}
* 自動括弧閉じ&参考文献的表示{{cite '文献名'}}
{{fn_put '-'}}

こんな風に表示されます。

  • markごとに連番を付加
  • 指定したmarkの脚注だけを任意の場所に表示
  • 自動括弧閉じ&参考文献的表示

末尾に表示されないものをfootnoteと呼ぶのはどうかと言われそうですが、どうせWebと印刷物ではページの概念が違うし、印刷物だって見方によっては本文をぶち切って脚注が表示されてるって解釈も出来るじゃんと開き直ることにしました。と、穴埋めが出来たところで、この下に表示されるのが従来どおりのfootnoteです。