雑記

2000|01|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|09|11|
2009|02|03|05|06|07|08|10|11|12|
2010|01|03|04|05|06|07|08|09|10|
2011|05|06|09|10|
2012|03|07|09|12|
2013|01|02|04|05|07|08|10|11|
2014|04|05|08|10|12|
2015|01|05|
2016|09|

2006-08-12

羽田で暇つぶし

帰省の準備が午前中には終わってしまったので、5時半の飛行機だったものの暇つぶしは羽田でやることにして午前中に出発。1時過ぎには羽田についてお昼を食べたり頼まれたお土産を買ったりしても、3時前にはやることが無くなってしまいました。搭乗口前の待合席でネットするつもりで無線LANの1日パスポートを購入してあったのですが、2時間近くあるし携帯の電池も切れてしまったので、1000円払ってラウンジを使ってみることにしました。

ドリンク飲み放題、各種新聞有り、コンセント付き、時間制限なしということで、2時間あれば元は取れる感じ。一人用の机もあったのですが、窓に向かって座るような配置で、後ろから覗き放題だったので、4人がけの半個室(?)を使わせてもらいました。各種カードのゴールド会員なら無料と言うことで、そういう立場になれたらまた使うかも。

STARFLYER

うまく条件がそろったので、試しに乗ってみました。手続きカウンターは第1ターミナルの南端でさすがに遠いです。自動発券機は全日空のシステムを使っているというのを後から知ったのですが、画面にANAマイレージクラブのカードを持っていたら入れてください、みたいなメッセージが表示されていたので、SFJに搭乗すると全日空のマイレージがたまるのかな?とか思って手元のカードを入れてみると、帰りの航空券(全日空便)の発券手続きに進もうとしたので、あわててキャンセル。これってスターフライヤーの顧客情報が全日空のシステム上に一緒に載ってるってことだと思いますが、プライバシーポリシーには個人情報の共同利用先としては「株式会社もしもしホットライン 」しか書いてないなあ。どこまでの個人情報が件のシステムに載っているのかとか、全日空のプライバシーポリシー的にこれは大丈夫なのかとか気になるところです。

発券カウンターのすぐ横に利用者優先の手荷物チェックゲートがあり、すいていたのでゲートの通過はすぐでした。ジュースは出すようにと書いてありましたが、それ以外にテロの影響は感じられませんでした。

搭乗口は1番ゲートとこれまた南端。上で書いたようにラウンジで時間をつぶして搭乗。できたての機体らしく、機内に入ると皮のにおいがまだ鼻につきますが、いやなほどではありません。でした、当初は(後述)。座席はすべて3列+3列で、なるほど他社よりゆったりしています。ただ、ヘッドレストのでっぱりが大きく、標準の高さだと私はうなずくような姿勢になってしまってつらい上に、上げてもすぐにずり落ちてきます。もしかすると高さを固定する方法はあったのかもしれませんが、座席のマニュアルにはそれらしきことは書いてなかったです。

さて、いよいよフライトかと思いきや、天候の影響で出発の許可が出ないということで、なかなか動きません。ようやっと動きだし、滑走路横の待ち行列に入ったときに目に入ったのは、大手の機体数機の後ろにAirDO、最後に私の乗るSFJの機体が続くという順番。これが会社の力関係なんだろうかと邪推してしまいました。

ようやく離陸という時にまた気になる点が。機体は滑走路横から左折して滑走路に入ったのですが、その際まったく停止せずにそのまま加速、離陸してしまいました。で、その加速時になんかハンドルを左右に振っているようなちょっといやな揺れが。揺れに関しては風があっただけかもしれませんが、滑走路へのアプローチと離陸開始までの手順としては、いったん滑走路に入ったところで完全停止、ポーン、ポーンとベル音が鳴ってから加速開始、離陸というのしか経験したことが無かったので、えぇーって感じでした。

で、飛行中、結構気流の悪いところを飛び続けたんですが、その機体の揺れと皮のにおいにやられてしまってすぐに気分が悪くなり、大半の時間を寝てすごしてしまいました。というわけで、機内サービスとかの感想は無し。アナウンスで目が覚めると、既に宇部上空。北九州空港への到着の順番待ちということで、さらに上空で時間つぶし。これも会社の力関係??無事着陸した北九州空港は、建物や設備は新しかったものの、こじんまりとした空港でした。

感想としては、天候や時間遅れの絡みで、悪いところがたくさん表面化したなあという感じでした。天候が良ければ遅れることも無く、今日気になったような問題も出なかっただろうと思うと、運が良いのか悪いのか悩むところです。今日の教訓は、皮のシートの飛行機に、天気の悪い日に乗ってはいけない、ですかね。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

- mak [SFJの機内サービスはかなりあっさりです。 コーヒーがTurry'sで森永の小さなチョコがつくくらい。 革のシートも..]