雑記

2000|01|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|09|11|
2009|02|03|05|06|07|08|10|11|12|
2010|01|03|04|05|06|07|08|09|10|
2011|05|06|09|10|
2012|03|07|09|12|
2013|01|02|04|05|07|08|10|11|
2014|04|05|08|10|12|
2015|01|05|
2016|09|

2006-08-06

F1ハンガリーGP(結果あり)

前戦で復調の兆しはあったもののまだまだだと思っていたのに、いきなりだったので本当にびっくりでした。まさに劇的なレースで、終わった直後は逆に無感動だったのですが、君が代が流れた瞬間グッときてしまいました。アロンソ、シュー兄ともに逆転した後でのリタイヤだったので、今日のコンディションの下でという前置きつきですが、勝つ力があったということでしょう。これを自信に更なる結果につなげていってほしいものです。

おめでとう、ホンダ。

業務スーパー

少し前、近所に「業務スーパー」というのぼりだけ立てていてお店の名前がどこにも書いていないという怪しいスーパーが開店し、気になっていたので、本日突入。「業務スーパー」という名前のスーパーでした。

いわゆるディスカウント系とはちょっと違って、味ポン1000mlとか、切り餅1升とか、パスタ4Kgとか、肉団子1kgとか売ってる、変なお店(ほめ言葉)でした。中心は素材からできあいまでの冷凍食品でおおむね業務用サイズ。その他、業務用サイズの調味料、加工肉、レトルト、お菓子、などなど。

あまり名前を聞かないメーカーのものばかりだったのでとりあえず様子見ということで一通り以下のものを購入。78円のレトルトカレーやスープ、なぜか売っていた辛ラーメン(袋)と同じメーカのチゲラーメン、オーシャンクラッカーというどこかで見たことあるようなお菓子、あと、ブルボンの「ルマンド」、「バームロール」がなんと88円で売っていたので、こちらは会社のお茶受け用に。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

- mak [表彰式の君が代はかなり感動でした、 今宮の涙声もひっぱられるものがあった。]

- hs [コンストラクターの国歌だから当然なんだけど、ちょっと意表を突かれた感じになって、「そっか、そうだよ。うっひょー」とい..]


2007-08-06

[FreeBSD] リモートメンテナの救世主、shutdown系コマンドの"-n"オプション

quotaをいろいろいじってから設定をリセットしようと、

# rm /fs/quota.user
# touch /fs/quota.user
なんて馬鹿なことをやると簡単にOSがハングアップします。どうもディスクへの書込みが発生した時点でquotaのチェックに行こうとしてクォータファイルの整合性が取れずに固まるようです。

で、rebootやhalt, shutdownは内部でsyncを呼んでキャッシュをディスクに書き込もうとするので、上記のような状態になると普通の方法では実行できません。そんな時のためのオプションとして、これらのコマンドには"-n"というのがあるようです。マニュアルには「This option should probably not be used.」なんて書いてありますが、電源スイッチによる強制終了よりはましですし、なにより現地に行かなくて済むという点で、リモートメンテナンスには欠かせないオプションです。

と紹介風に備忘録を書いてみる。ハングアップさせたのも、"-n"オプションを知らずに現地訪問したのも私です_| ̄|○


2010-08-06

アマゾンのギフト梱包サービス使ってみた

知人への贈り物にアマゾンでギフト梱包を使ってみました。300円なので、はなからさほど期待してはいなかったのですが、予想以上にひどいサービスでした。

届いた時の状態は青い不織布を右の写真のようなフェルトのリングで留めてあるだけ。マジックテープってのも勘弁してほしいのですが、カードにでっかくアマゾンのロゴを載せるセンスは最悪。ギフトラッピングの説明ページの写真を良く見ると、確かに同じカードが貼ってあるんですが、そんなの気付かないって。

さらにギフトは相手に直接送ることもでき、上の説明ページに

ギフトラッピングを選択された場合、注文時にご入力いただいた請求書送付先のお名前が贈り主として送り状に印刷されます。

という注意書きがあって、一見するとちょっと良いサービスっぽく読めるんですが、これがかなり大きなトラップです。

届いた箱に同梱されていたのは、通常の納品書とほぼ同じフォーマットで私の住所氏名が「贈り主」という肩書とともに記載されているだけのもの。さすがに金額関連の項目は抜かれているものの、注文日や注文番号、商品名やコードなどがばっちり記載されており、検索すれば一発で金額も確認可能で、消してある意味が全くない状態。

贈り物を買ったお店や値段がすぐにわかるような状態で相手に届けるなんて私の感覚としては信じられないんですが、アマゾンというかアメリカでは普通なんでしょうか?

もし仮にこれが無料サービスなら文句をつける筋合いのものではないと思いますが、少額とはいえ梱包料金を追加で払った上にアマゾンの宣伝に使われるっていうのも納得できない話です。

.clear.

このままでは相手に渡せないので、梱包をやり直すことに。前にも商品だけ買ってギフト梱包をやってくれるお店を探しまわったことがあり、市内にそういうお店は無いという結論に達しているので、袋はそのままにリボンで結び直してみました。結構いい感じ(自画自賛)。ちょうどいいサイズの袋を探すのは商品によってはなかなか難しいので、袋代300円と割り切って今後も使うかも。リボンもあるし。

といってもやはりプロのようにはいかないので、百貨店と提携して、アマゾンで買った商品の百貨店での受け取りサービス(贈答用ラッピング付き)とかやってくんないかな。別にアマゾンじゃなくてもいいけど。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

- myam [お暑うございます。 米人は貰ったギフトが気に入らなかった場合、同額の何かと交換する、がデフォですね。(私の知っている..]

- myam [もしかして、筑波西武で買ったものだけかも?という気がしてきました。(汗)昔、西武の文具売り場で同様の有料サービスをし..]

- hs [myamさん 情報ありがとうございます。西武のサービスが使えると嬉しいですね。今度機会があったら問い合わせてみよう..]