トップ «前の日記(           ) 最新 次の日記(           )» 編集

L-CardAおぼえがき


            開発環境の構築

_ インストール作業

Let's NoteにVine Linux 2.6r1(日経Linux2003年6月号付属)をインストール.ホスト名は「fengr」.

* 起動画面: Enter(グラフィカルモード)
* Language Selection: Japanese
* キーボード
   モデル:Japanese 106-key
   レイアウト: U.S. English
* マウス: 2 button Mouse (PS/2)
* ようこそ: 次へ
* インストールの種類:インストール.ラップトップ
* ディスクパーティション設定:インストーラが自動的...
* 自動パーティション設定:システムのすべてのパーティションを削除
* ディスクの設定: 次へ
* ブートローダの設定: 次へ
* ネットワークの設定: 次へ
* 追加言語サポート:English追加
* タイムゾーン: 次へ
* アカウントの設定:個人アカウント追加
* パッケージグループの選択: 次へ
* グラフィカルインターフェースの設定: 次へ
* 起動ディスクの作成: 省略
* モニタの設定: Laptop 1024 x 768
* X設定のカスタマイズ: 次へ

_ パッケージの更新

# apt-get update        # package list を取ってくる
# apt-get udgrade      # 実際に更新する

_ 開発環境のセットアップ

Software Design 2003年7月号 pp. 147-148を参考に作業を進める.

  1. CD-ROMをホームの下にコピー.
    % cd
    % mkdir L-Card
    % cd L-Card
    % cd /mnt/cdrom
    % tar cf - . | tar xvfC - ~/L-Card
  2. 開発環境のインストール
    % cd ~/L-Card/toolchains/RPMS
    % su
    # rpm -ivh *.rpm
  3. カーネルのビルド
    # cd ~hs/L-Card/linux
    # mkdir /usr/src/mipsel-linux
    # cp -r * /usr/src/mipsel-linux
    # cd /usr/src/mipsel-linux
    # cp config .config
    # make menuconfig
        何も変更せずにExitしてセーブだけする.
    # make dep clean vmlinux

_ 個人環境の整備

  • ~/.bash_profileに追加.
    addpath $HOME/bin
    addpath /sbin
    addpath /usr/sbin
    
  • ~/.xsession作成(後でchmod +xする)
    #!/bin/sh
    xmodmap ${HOME}/.xmodmaprc
    if [ -x /etc/X11/xinit/Xclients ]; then
        exec "/etc/X11/xinit/Xclients"
    fi
    
  • ~/.xmodmaprc作成
    remove Lock = Caps_Lock            (Caps_LockをCtrlに)
    remove Control = Control_L
    keysym Caps_Lock = Control_L
    add Control = Control_L
    keycode 49 = Escape                   (半角/全角をEscに)
    keycode 123 = grave asciitilde        (「\」を「`」に)
    
 

トップ «前の日記(           ) 最新 次の日記(           )» 編集